41年ぶりの日本最東端を目指して!!

2013年08月28日 〜 2013年08月30日 
<ルート>
    千歳 〜 日高 〜 浦川 〜 豊似 〜 白糠 〜 釧路 〜 厚岸 〜 浜中 〜 根室 〜 納沙布岬 

    根室 〜 風蓮湖 〜 釧路 〜 白糠 〜 本別 〜 帯広 〜 追分町 〜 千歳   

    走行距離 : 約1,141km


       
1日目 : 8月28日(水) 千歳 〜 釧路(宿泊)   

  今回のツーリングは車で海を渡り現地でバイクをレンタルです。 以前から気になるバイクがあり試乗がてら3日間乗り倒しました       

  ココはいつも車で渡った時にベースとして利用している鵡川町の道の駅です。 (国道から外れており静かで寝心地最高です)    

  更に、温泉施設が併設されていて夜10時まで利用可能。しかも朝5時〜7時までの朝風呂営業が嬉しい!!

  しかし難点も・・・WiMAXが圏外でネット環境を利用できず、ホームページの更新が出来ないのだ  



 夜中に叩きつけるような大雨が降っていましたが、朝方には上がり青空も見えています。   

しかし、突然黒い雲が広がりまた降ってくるという不安定な天気です。


 今回レンタルしたバイクはこれです。 SUZUKI Vストローム 650cc 

ヨーロッパで大人気のデュアルパーパスマシン(水陸両用みたいな)    

早く出発したいのですが雨が降ったり晴れたりを繰り返しており、1時間ほど粘り晴れ間を見て9時頃に出発です。   

道路がウエットなのでブーツカバーのみでGo!


1時間ほど走り馬産地の日高地方を通過する頃はご覧のように安定して来てこれ以降は降られる事はありませんでした。



本当はこのまま海岸沿いを走り「襟裳岬」にも寄りたかったが、朝方の雨で時間ロスをしたため早くも予定変更       

浦河から豊似までの襟裳岬ショートカット道路、国道236号(通称・・天馬街道)を使いました。



豊似からは国道336号(通称・・ナウマン国道)を浦幌町を目指して走ります。

通常は浦幌町からは国道38号に入るのですが、オラは敢えて海岸沿いの道々1038号へ     



北海道ツーリングの必需品!!  グリップにくっ付いている「べろ」見たいなやつです。    

コンビニとか自販機とか止まる所が殆ど無く(笑)、走りっぱなしが多いためこれがあると疲労を減らせますよ。   



いよいよ本日の目的地でもある所を目指して海岸線沿いを走ります。



秋鮭狙いの釣り人が海岸線沿いに竿を並べていますね〜。

あちこちにテントも並んでおり、泊り込みで釣るんだそうです。 一人で多い人は竿を50本位並べるそうですよ     



     十勝川河口にかかるものすごく長い橋がありました。



この辺からは舗装されていない砂利道です。 望むところじゃ〜      



黄金の滝の看板に釣られて見に行った!!  ありゃ〜 滝に上に出たよ〜     



貸切のフラットな走り易い砂利道でした。



この展望台に来たかったのです。 暫く景色を眺めながらまったりと  

ここからは下に見えるトンネル付近を目指して下って行きましたが勾配がキツイゾー!!!



貸切の路  



前回は写真を撮らずにスルーしたが、今回はしっかりとゲットだぜ〜   



夕方5時ころに釧路の本日のお宿に到着です。

幣舞橋近くにある季節限定の「炉ばた」。平日にもかかわらず繁盛してましたが、オラは明日の朝早いので見ただけ〜     



  
明日もお天気は良好みたいです。ガンガン行くよ〜    



そして釧路の夜は過ぎて行く〜  

本日の走行距離  372km



2日目 : 8月29日(木) 釧路 〜 納沙布岬 〜 釧路(宿泊)   

  今日は今回のツーリングの最終目的地「納沙布岬」を目指します。    

  思い返せば高校2年生(17歳)の時に訪れて以来、41年ぶりとなります。 今日の走行距離は長くなるので5時起きとなりました。 

  なんだかやけに立派なロビーのホテルに泊まってしまったもんだ。 ネット割引価格だったから泊まったが今後泊まる事は無さそう・・・   



朝食が6時からなので一番でレストランに入り、とっとと食べて出発です。 相変わらずバイキングでは元が取れないな〜     



お天気は引き続き良好です。 釧路を出て根室経由「納沙布岬」を目指します   

しかし、今日も納沙布岬までの間は国道をほとんど走りません。景色の良い海岸沿いの道々を繋いで行きます。 

写真にあるとおり「北太平洋シーサイドライン」と呼ばれている道です。   



海に吸い込まれそうなこんな高速コーナーの連続です。

コーナリングに専念したほうが良いのか???  景色を堪能したほうが良いのか???  ライダーを悩ませる困った路です     



一歩間違えれば奈落の底〜  


この近辺の厚岸町・浜中町は昆布の産地で、漁師の皆さんは収穫した昆布干しに大忙しでした。



近くで見る昆布はとっても長〜い    5m以上あるよ!!



漁村の小道を走っていくとこんなものが・・・


お天気が良いと干すものは昆布だけではなく、やっぱりこれも干すよね〜  



霧多布湿原です。 この近辺は山が殆どないため湿原が点在しているようです。



霧が全くないきりたっぷ岬 




この海岸線をバイクで走ることも今回の目的の一つでした。 良く締った砂で走行には全く問題ありません。 

波打ち際を快走します    気分は最高!! パリ・ダカールラリーの終点、セネガルの海岸を思い出しました。   

んだども、ハーレーとかBMW・RTは厳しいべな〜  もぐってスタックしても責任持でねがらあぐまでも自己責任で頼むじゃ〜(笑)   



こんな路が延々と続きます。



言葉は要らないね。 疲れていても疲れが吹っ飛ぶな〜       



そうこうしているうちに根室に到着です。  まずは腹ごしらえ、むしょうにラーメンを食べたくなりこの店へ   

あまり期待をせず味噌ラーメンを頼んだら大当たり    もう1回食いて〜  いつかリベンジだな〜。   

食後にアイスをどーぞだと!!太っ腹(笑)   



腹も満たされたしそろそろ最終目的地に向けて出発ですが、今回は根室半島を時計回りに行くことにしました。

ちょっと見えにくいですが国後島の山々が見えてきました。   



ようやく到着です。 北方領土を拝んで退散です。



風蓮湖のハマナスロードです。湖と海の間の先端まで行けます。 右奥に知床連山が見えています。

この場所は見晴らしが良く水平線と地平線が一度に見れる穴場スポットです。   

勿論観光客など誰もいません。但し、一部悪路があり更に波の高いときはたぶん波しぶきの直撃を喰らいそうです     



さて、帰りますか。来た道とほぼ同じコースで帰ります。  かなり日も傾いてきました。



なんとか暗くなる前に釧路に戻ることが出来ました。   

本日の走行距離   471km



3日目 : 8月 30日(金)   釧路 〜 千歳

  今日のお天気は予報どおり朝から雨が降り続いております。 今日は夜7時までにバイクを返却すればよいためノンビリです。   

  全道的に雨みたいなので寄り道の予定も無し。  まずは朝食場所探しに釧路駅へ   



駅の中に焼きたてのパン屋さんがあったので、ここで新聞を見ながらまったりと時間つぶし〜

バイクは和商市場から徒歩1分の所にあるホテルに昼頃まで預かって貰ってます。 屋根付きの駐車場で有り難い。   

10時頃まで粘るも雨脚は変わらず  



続いて時間つぶし第2弾   

和商市場に移動して市場内を3周   まだ雨は降り続いているな〜   



平日ですが結構な賑わいで、皆さんどんぶり飯を片手にネタを探してお店を転々としていますね〜。

群がっている店もあれば、暇そうな店も・・・  店を回ってチョイスしているうちに感覚がなくなり結構高くつくんだよな〜   



11時も過ぎて来たのでオラもそろそろ腹ごしらえをして雨に突入する覚悟を決めました。  

オラのチョイスは市場内にあるお寿司屋さんのセットメニューですよ。   

その後、ホテルに戻ってカッパに着替えして12時過ぎに出発です。   



千歳までの途中降ったり止んだりでしたが、雨は強くなることは無く比較的順調でした。   

と言うことで、無事5時過ぎにレンタル屋さんに返却しました。

本日の走行距離   298km


  今回レンタルした『V-Strom650』は旅バイクとして良き友でした。 何の違和感もなく乗り始めて3分もしないうちに自然に操作できました。

  中低速でのトルクが十分あり、Vツインエンジンらしいドコドコとした感じで低速で非常に粘る乗りやすいエンジンです。   

  一言で言えば操作系も含めて乗りやすく初心者でもOK!   

  一方、高回転はどうかというと、追い越しの際に回してみましたがパワーがありレットゾーンの9000rpmまで一気に伸びていきます。   

  さすがはDOHCエンジンです。       

  車両重量がSuper Tenereより60kg程軽いため悪路走行、取り回し、Uターンともやり易く立ちゴケ等の心配もありませんでした。   



  一方、高速道路の連続走行はやや苦手かな?  ウインドプロテクションが弱く120Km以上でやかましい。   

  更に、110km位までの巡航であれば問題がないが、120Km位の巡航はハンドル回りの振動が大きくなり手がしびれそう。   

  北海道を荷物満載で砂利道も含めてノンビリ旅をするのには最適なバイクだと思いました。    



  んじゃ買うか?と聞かれたら・・・う〜ん???  一度大きなバイクに乗ってしまうと・・・  重さに耐えれなくなったときに考えます。   

  高速道路メインのツーリングが苦手そう。チェーンのメンテが面倒。全体的な質感が劣る(価格相応ではあるが)等々     

  今後も北海道ツーリングに行く時は再度レンタルもありかと。 千歳まで誰かのタンデムシートに乗っけてもらうとか      



  最後の気になる燃費ですが、結構ハイスピードで駆け抜けたにもかかわらず、リッター約32kmを記録!!! 恐れ入りました。    




ということでお天気にも恵まれて事故もなく無事に帰って来れました。     

やっぱーバイク乗りは北海道だなー お・し・ま・い

TOPへ戻る